東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻

  • JP
  • EN

ARCHIVE

  1. 10期生修了制作『ブンデスリーガ』(太田達成監督)予告編

10期生修了制作『ブンデスリーガ』(太田達成監督)予告編

東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻
第十期生修了制作展

会期:2016年2月20日(土)〜 26日(金)
場所:渋谷 ユーロスペース(http://www.eurospace.co.jp)
主催:東京藝術大学大学院映像研究科
公式HP:http://geidai-film.jp

2月20日(土)『ブンデスリーガ』『湖底の蛇』
2月21日(日)『魔法』
2月22日(月)『タクシー野郎 昇天御免』 ※上映後イベントあり
2月23日(火)『湖底の蛇』『タクシー野郎 昇天御免』
2月24日(水)『魔法』※上映後、児玉監督と諏訪敦彦(映画監督/東京藝術大学大学院映像研究科教授)とのトークあり
2月25日(木)『ブンデスリーガ』『タクシー野郎 昇天御免』
2月26日(金)『湖底の蛇』『ブンデスリーガ』

※作品の間に休憩はありません。
※イベント内容は追ってHP等で告知いたします。

『ブンデスリーガ』
2016年/65分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー/16mm撮影/DCP

監督:太田達成 脚本:木村孔太朗 太田達成 プロデューサー:勝山侃洋 撮影:深谷祐次 照明:井前隆一朗 美術:岡田明彩子 サウンドデザイン:新井希望 編集:坂本悠花里 助監督:竹林宏之

出演: 金子祐史 青坂匡 圓谷健太 亀井史興 安楽涼 麻野貴士

あらすじ
東京から地元に戻り、廃校になった母校でひとり暮らすカネゴン(28歳)。卓球の本場であるドイツのブンデスリーガで活躍することを目指し、日々練習している。そこに中学校の同級生たちが訪れるようになり、旧友と遊んでいく中でカネゴンの「今」が浮き上がっていく。

監督コメント
この映画を作るにあたって一番重視したことは、まず豊かな撮影現場を作ることでした。 僕の求めていた“豊かさ”とは、現場で試行錯誤する時間が取れる現場のことです。 それを実現するために、撮影場所を熱海の廃校にしぼり、また信頼できるなじみのある役者さんに出てもらうことで、みんなで考えながら1カットずつ丁寧に撮影することができました。その1カット1カットが積み重なってこの映画はできたと思います。 2006年に廃校になってしまった網代中学校、そして役者さんたちが魅力的にみえたら嬉しいです。

監督プロフィール
1989年生まれ、福島県出身。ENBUゼミナールにて映画を学び、初監督作品『海外志向』が京都国際学生映画祭2012にてグランプリを受賞。その後、ラッパーGOMESSを追ったドキュメンタリー映画『遊びのあと』がMOOSICLAB2014にて上映される。

RECENT NEWS