東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻

  • JP
  • EN

ARCHIVE

  1. 【12/27】東京藝術大学大学院映像研究科|映画専攻公開講座|濱口竜介監督 特別講義|「幸せな時間」とはなにか?

【12/27】東京藝術大学大学院映像研究科|映画専攻公開講座|濱口竜介監督 特別講義|「幸せな時間」とはなにか?

東京藝術大学大学院映像研究科 映画専攻公開講座

最新作『ハッピーアワー』公開記念

濱口竜介監督 特別講義 「幸せな時間」とはなにか?

聞き手:松井宏(東京藝術大学大学院映像研究科助手)

※入場無料・予約不要 ※上映はありません

【日時】2015年12月27日(日) 開場 14:30 開始 15:00(17:00終了予定)

【会場】東京藝術大学横浜校地馬車道校舎3F 大視聴覚室

【主催】東京藝術大学大学院映像研究科 横浜市文化観光局

======================================

東京藝大大学院映像研究科映画専攻2期生として、修了作品『PASSION』以後も数多くの話題作を制作しつづけている濱口竜介。日韓共同製作による作品、東日本大震災被災者へのインタヴューからなるドキュメンタリー、あるいは俳優ワークショップの受講生たちとともにつくられた作品……。つねに被写体とカメラ(あるいは演出家)との関係をめぐり思考と実践をつづけてきたそんな濱口監督の、集大成ともいえる作品が『ハッピーアワー』です。神戸での演技ワークショップをもとに、参加者たちとともにつくられたこの作品。ではそのワークショップではいったいなにがおこなわれ、なにが起きていたのか? どのような具体的なプロセスを経てこの作品は誕生したのか? 今回は特別にワークショップの一部をとらえた貴重な参考映像も見せながら、濱口監督の思考と実践の現在をとことん探っていきます。

【ご注意】

濱口監督作品の上映はありません。インタヴュー形式の特別講義のみです。すでに『ハッピーアワー』をご覧いただいた方々を対象とした内容となります。いわゆる「ネタバレ」を避けたい方は、くれぐれもご注意ください。

【濱口竜介 Ryusuke HAMAGUCHI】

1978年神奈川県生まれ。2008年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』がサン・セバスチャン国際映画祭や東京フィルメックスに出品され、高い評価を得る。その後も日韓共同製作作品『THE DEPTHS』(2010)、東日本大震災の被災者へのインタヴューからなる『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011~13/共同監督:酒井耕)、4時間を越える長編『親密さ』(2012)、染谷将太を主演に迎えた『不気味なものの肌に触れる』(2013)を監督するなど、地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動をつづけている。現在は神戸を拠点に活動中。最新作『ハッピーアワー』(2015)でロカルノ国際映画祭最優秀女優賞受賞、脚本スペシャル・メンション授与。

======================================

【日時】2015年12月27日(日)

13:00 整理券配布開始

14:30 開場

15:00 開始

17:00 終了(予定)

【会場】東京藝術大学横浜校地馬車道校舎3F 大視聴覚室(103席)

231-0005 横浜市中区本町4-44(みなとみらい線「馬車道」駅5、7番出口すぐ)

【料金】入場無料・予約不要

【お問合せ】東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻

E-mail:opengeidai@gmail.com URL:film.fm.geidai.ac.jp/info/

======================================

『ハッピーアワー』公開情報

12月12日よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開!

【シアター・イメージフォーラム プログラム】

第一部13:00(~終映15:00)/第二部15:10(~終映16:45)/第三部17:00(~終映19:00)

その他詳細はオフィシャルHPをご覧ください(http://hh.fictive.jp/ja/)。

RECENT NEWS