東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻

  • JP
  • EN

ARCHIVE

  1. 10期生修了制作『魔法』(児玉龍太郎監督)予告編

10期生修了制作『魔法』(児玉龍太郎監督)予告編

東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻
第十期生修了制作展

会期:2016年2月20日(土)〜 26日(金)
場所:渋谷 ユーロスペース(http://www.eurospace.co.jp)
主催:東京藝術大学大学院映像研究科
公式HP:http://geidai-film.jp

2月20日(土)『ブンデスリーガ』『湖底の蛇』
2月21日(日)『魔法』
2月22日(月)『タクシー野郎 昇天御免』 ※上映後イベントあり
2月23日(火)『湖底の蛇』『タクシー野郎 昇天御免』
2月24日(水)『魔法』※上映後、児玉監督と諏訪敦彦(映画監督/東京藝術大学大学院映像研究科教授)とのトークあり
2月25日(木)『ブンデスリーガ』『タクシー野郎 昇天御免』
2月26日(金)『湖底の蛇』『ブンデスリーガ』

※作品の間に休憩はありません。
※イベント内容は追ってHP等で告知いたします。

『魔法』
2016年/85分/アメリカンビスタ/LCR/カラー/DCP

監督:児玉龍太郎 構成:児玉龍太郎 岡田和音 上田望園 プロデューサー:竹中佐織 撮影:井前隆一朗 照明:堅木直之 美術:美崎玲奈 菊地綾子 サウンドデザイン:坂元就 編集:馬雅欣 助監督:上田望園 衣裳:美崎玲奈

出演:児玉龍太郎 服部由 坂元就 児玉章代 伏見陵

あらすじ
芸術大学の大学院に通っていた主人公Aは、在学中に体調を崩し、 修了制作で撮るはずだった映画が未完成に終わり、大学院を中退。 5年後の2020年。結婚して妻と娘と3人で藤沢の団地に暮らしているAだが、今も過去を内心引きずっている。仕事はなかなか続 かない。夫として父として前向きに生活する一方、かつてやっていたバンド活動を再開してみたりするのだが……。

監督コメント
2015年、様々な「未来」を想像した。その想像する未来は「映画が撮れた未来」「映画が撮れなかった未来」と、目の前の「映画」が基準になり大別されていることに気づいた。 そして、同時に自分だけでなく出演者・スタッフ、皆にも想像する未来があることにも気づいた。ひとつの映画を皆の想像する未来で形作ることを目標にした。

監督プロフィール
1988年東京都生まれ。青山学院大学社会情報学部卒業。同校在学中、音楽に没頭し卒業論文が何も書けないことに気づき、ビデオカメラを回し始める。それがきっかけで映画制作を開始。他の作品に中国の南京藝術学院の協力を得て撮った『凹』(くぼみ)や、MONSTER Exhibition 2014(東京・ニューヨーク)で展示された『小僧枯』などがある。

RECENT NEWS