東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻

  • JP
  • EN

ARCHIVE

  1. 10期生修了制作『タクシー野郎 昇天御免』(川田真理監督)予告編

10期生修了制作『タクシー野郎 昇天御免』(川田真理監督)予告編

東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻
第十期生修了制作展

会期:2016年2月20日(土)〜 26日(金)
場所:渋谷 ユーロスペース(http://www.eurospace.co.jp)
主催:東京藝術大学大学院映像研究科
公式HP:http://geidai-film.jp

Facebook:www.facebook.com/TUA.graduationfilm2016
Twitter:@OPENTheater2014

2月20日(土)『ブンデスリーガ』『湖底の蛇』
2月21日(日)『魔法』
2月22日(月)『タクシー野郎 昇天御免』 ※上映後イベントあり
2月23日(火)『湖底の蛇』『タクシー野郎 昇天御免』
2月24日(水)『魔法』
2月25日(木)『ブンデスリーガ』『タクシー野郎 昇天御免』
2月26日(金)『湖底の蛇』『ブンデスリーガ』

※作品の間に休憩はありません。
※イベント内容は追ってHP等で告知いたします。

 

『タクシー野郎 昇天御免』

2016年/60分/シネマスコープ/5.1ch/カラー/DCP

監督:川田真理 脚本:野頭雄一郎 加藤良太 プロデューサー:木戸大地 撮影・照明・視覚効果:森田亮 美術:柴田正太郎 サウンドデザイン:伊東俊平 編集:小林望 助監督:野頭雄一郎 衣裳:山下幸一郎 ヘアメイク:堀川貴世 擬斗:遊木康剛 音楽:今村左悶

出演:折笠慎也 範田紗々 新井秀幸 宮田佳典 藤田尚弘

※本作は性的な表現を含むため、未成年の方のご鑑賞はご遠慮ください。

あらすじ

エリート警察官・種野は、歪んだ正義感が高じ、自慰行為をしていた妻・満子をゴーヤで斬りつけてしまう。 刑を終えた種野が乗ったタクシーは、後部座席で性サービスを行う違法風俗タクシーだった。車中にはなんと満子とそっくりの女性・おみつが。彼女は種野の乗車を機に姿を消す。 責任を取らされる形で、種野はタクシーで男娼をする羽目になる。 一方警察では、ポンコツ警官・尾成と新エース・浅舘による捜査が動き始めるのだった……。

監督コメント

「重厚な人間ドラマが織り成す感動巨編 」。 これは本作のイメージともっともかけ離れたフレーズのひとつです。「じゃあコメディ?」と聞かれると、そうとも答えにくい逸品です。 担当教員の「藝大の恥になりなさい」という金言に触発されて企画された本作。 果たして積極的な「恥」となれたのか現時点ではわかりません。監督として、会場の雰囲気がシリアスになればなるほど首が締まるような気持ちになってしまう水物です。 お客さんそれぞれの反応(「!」なり「?」なり「!?」)で映画を充たしてもらいまして初めて完成する作品ですので、どうぞ気楽にお楽しみください。

監督プロフィール

1991年生まれ、東京都出身。成城大学文芸学部芸術学科に入学し、映画に興味を持ち始める。3年時に映画熱が嵩じて映画研究部に入部し、映画制作を始める。そこで得た自信を浮遊力に映画美学校フィクションコースに入校するも見事に挫折。若干の沈黙期間を経て、短編『カップルプレイ』、『悶絶!直希ゼミ』を携え本校に入学。

RECENT NEWS